ニキビ知らずのお肌へ

ニキビは思春期に多くみられる皮膚病の一種です。年齢を経るとともに顔の上から下へと発生部位が下がっていくことが特徴で、軽い吹き出物程度の白ニキビから、膿をともなう黄色ニキビまでニキビの進行度にも段階があります。ニキビの発生はホルモンバランスに左右されます。思春期は特にホルモンバランスが不安定であり、新陳代謝も活発に行われるため、皮脂の分泌が盛んになってニキビが発生しやすくなります。 思春期以外でニキビができる原因としては、脂性肌や敏感肌などといった肌タイプによって左右されるほか、ホルモンの分泌量が多いと皮脂量も増え、ニキビができやすくなります。またビタミン不足や過度なストレスも皮脂量の分泌にかかわり、ニキビの原因になります。10代から20代のうちは特に食生活が偏りやすいため、栄養バランスに配慮した食事を摂ることが大切です。

成人後もニキビがなかなか治らない方は、毎日の生活習慣を見直してみることをおすすめします。肌に良くない食べ物を口にしてはいないか、便秘気味であったり胃腸の調子が悪くはないか、栄養がきちんと摂れているかなど基本的な項目を見直すだけでもニキビができにくくなります。

上記のように、ニキビを出来にくくするためには毎日の生活習慣が重要になります。当サイトでは年齢別のニキビの種類とケアの方法、毎日気軽にできるニキビ予防対策について具体的に紹介していますので、ぜひお役立て頂ければと思います。